--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンしました。

2013年07月10日 21:22

20130709213729.jpg

相変わらず、某トモコレの島で遊んでいます。
島民達も仲良く筋トレを…………ってハニワ、ハニワ…。


以下、ろくしちさん宅で拾ったバトンです。


※誰も待ってはいないと思いますが、絵はもうしばらくお待ちくださいorz


オリジナルキャラクターに色々な質問 ファンタジー編バトン


あなたのオリキャラになりきって、バトンに答えてください^^



ではフェネル&フェイ兄妹で。ツッコミ役も現れますよ。

※若干ネタバレ含む





Q1あなたのお名前は?
フェネル「フェネルです。こっちが妹のフェイ」
フェイ 「…どうも」
メイレン「こっちの国では、2人とも珍しい名前なのよね!」
ユン  「グレンさんもね」




Q2いい名前ですね。性別は?
フェネル「何処からどう見ても男だけど何か?」
フェイ 「…兄さん、目が笑ってない」
ユン  「彼は以前、ナンパや風俗の勧誘にあったことがありますから」
フェネル「丁寧にお断りしたけど?」
ユン  「ええそれはもう相手を丁寧にギッタンギッタンのメッタンメッタンに」
フェイ 「…あぁ(汗)」




Q3性格は?
フェイ 「…兄さんは(何を考えてるか分からないけど)まぁ…優しい人ではある」
フェネル「この子は人付き合いが苦手だけど、悪い子じゃないよ」
グレン 「私から言わせれば、どこでどう育て方間違えてこうなったんだか」
フェネル「いやだなあー非行に走らなくてよかったじゃない(笑)」




Q4種族は?
フェネル「人間だけど何か?」
フェイ 「…人間…だろ」
フェネル「何も質問ないね?ないよね?あっても聞かない」
グレン 「まぁ、聞いたところで何も解決しないからねぇ」




Q5職業は??
フェネル「考古学者やってます」
フェイ 「…武藍にいる」
グレン 「一歩間違えたら2人とも引きこもりになるところだったわ」




Q6趣味は?(笑)
フェネル「読書と発掘と…」
フェイ 「…これといって」
グレン 「一歩間違えたら(以下同上)」




Q7へえ~…そうなんですか…
フェネル「発掘はいいぞ!フフフ」
フェイ 「…無趣味で悪かったな」



Q8話がずれましたね。…続けます。
フェネル「はいどうぞ」
フェイ 「…好きにしろ」




Q9使用している武器は?
フェイ 「…剣だな」
フェネル「ユン君から教わった護身術かな?」
ユン  「それだけですか?」
シュウ 「嘘つけ!」
ノート 「え?たしか…」
フェネル「いやあ俺スコップより重いもの持った事ないしー」
フェイ 「…スコップも十分重いけど」




Q10特殊な力、持っています?
フェネル「妖精さんとお話できる力かな?」
フェイ 「………え」
フェネル「なんてね(笑)」
(青釭「誰が妖精だ。妹が引いているぞ」)




Q11持っていたら、どんな力か教えてください。
フェネル「その妖精さんを呼んで、お掃除してもらう力かな」
フェイ 「………え?」
フェネル「なんてね(笑)」
(青釭「掃除か。言い得て妙だな」)




Q12あなたの世界には妖精や精霊は存在しますか?
フェネル「はいはい、同上同上」
フェイ 「…兄さんは本気で言っているのか?」
ノート 「妖精ねぇ…そういうの写真で撮れるのかな?」




Q13では、天使と悪魔はいますか?
フェイ 「…魔物ならうじゃうじゃいる」
フェネル「天使的な存在っているのかなこの世界」
総長  「魔神信仰なら、その昔柴国にもあったが…」
ユン  「まぁ、おとぎ話程度ですね」




Q14魔法…使えます?
フェネル「はいはい、妖精さんが」
フェイ 「……だから妖精って……」




Q15使えると答えた方へ。どんな魔法が得意ですか?
(青釭「『破魔』と言っておく」)
フェネル「魔法なのかなぁそれ」
フェイ 「…(誰と話しているんだ)」




Q16使えないと答えた方へ。どんな魔法を使ってみたいですか?
フェイ 「…そんなの、よく分からない」
フェネル「フェイは料理がうまくできる魔法がいいんじゃないかな?」
メイレン「フェイちゃんには可愛く変身できる魔法!」
ノート 「お。戦う魔法少女的な!?」
シュウ 「お色気な変身シーンあるんだろ!!」
フェイ 「あるか!!!」




Q17では、ここからは少し真面目な質問です。いいですか?
フェネル「俺は真面目に答えていたつもりだけど?」
グレン 「嘘つけ」



Q18あなたは何のために戦いますか?
フェネル「フェイを幸せにするためかな?」
フェイ 「……兄さん」
フェネル「そういうお前は?」
フェイ 「…強くなるため?…ごめん、正直…よく分からない」
フェネル「うん、分からないならそれでいいよ」
(青釭「…言うなれば、倚天の本能故か」)




Q19それは何故ですか?
フェネル「何故って、兄妹だからね」
フェイ 「…私は…兄さんやおばば、メイレン達のために強くなりたくて…?」
グレン 「ったく。腕っ節の強さよりも心を強く持ちなこのスットコドッコイ小娘」
フェイ 「…う」
フェネル「そうだね。頑張ろうフェイ」



Q20それを果たすため、諦めずに頑張ってくださいね。
フェイ 「…どうすればいいんだ」
フェネル「そうだねーまずは悪い虫(犬)達を追い払うところから…」
シュウ 「え?何?何見てるの?おう、お嬢が幸せになるなら俺も手伝う!嫁にもらえば万事解決!」
サイ  「何であれ、フェイは恩人だから俺も手伝う」
フェネル「はいはいはいわんちゃん達は森の中へお帰りあそばせー」
(青釭「また封印してやろう魔獣ども」)
フェイ 「…………兄さん、目が笑ってない(というか青い?)」




Q21最後に、あなたの作者様へ一言、どうぞ。
フェネル「とっととフェイを幸せにするんだねフフフ…某島で遊んでいる場合じゃないよ」
フェイ 「…あまり慣れないことをさせるな(汗)」




Q22お疲れ様でした。
フェイ 「…疲れた。寝る」
フェネル「はい、またね。本編ではまだ動き回るからね」




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。